GIZMON レインボーフィッシュブログロゴ

GIZMON レインボーフィッシュで撮影した写真のブログです。
GIZMON レインボーフィッシュの使い方なども紹介します。

FRISK (接写レンズ使用)

 

gizmon_frisk.jpg

 

2009年10月 9日

▲ページTOPへ

宮島

 

miyajima.jpg

 

miyajima2.jpg

 

2009年10月 8日

▲ページTOPへ

宮島の鹿 2

 

gizmon_rainbowfish_sika.jpg

 

2009年10月 8日

▲ページTOPへ

宮島の鹿

 

gizmon_sika.jpg

 

2009年10月 8日

▲ページTOPへ

大阪のべらぼうにでかいアヒル

 
ICAM01622.jpg
 
 
ICAM0143.jpg

 
ICAM0183.jpg
 

ICAM0188.jpg


 

2009年9月15日

▲ページTOPへ

RGBマニュアル撮影の方法、レビュー

このGIZMONレインボーフラッシュの魅力はやっぱりRGB値を自由に設定できるところ。
その設定方法やレビューをご紹介・・・

 

1.静止画撮影モードで「MENU/SELECT」ボタンを押します。


gizmon-090914.jpg

 

 

2.「WB」>「マニュアル」設定を選択します。
   ※WBは「ホワイトバランス」の略ですね。


CIMG2249.jpg

 

 

3.「手動」を選択します。


gizmon-090914-2.jpg

 

 

4.R(赤)の値を「▼」「▲」ボタンで設定し、「MENU/SELECT」ボタンを押します。


gizmon-090914-3.jpg

 

 

5.G(緑)の値を「▼」「▲」ボタンで設定し、「MENU/SELECT」ボタンを押します。


gizmon-090914-4.jpg

 

 

 6.B(青)の値を「▼」「▲」ボタンで設定し、「MENU/SELECT」ボタンを押します。
 ※Bの設定からR、Gの設定に戻ることはできないので、
   設定を変えたい場合は、もう1回「1.」からやり直しです。

gizmon-090914-5.jpg

 

7.そのまま撮影すれば、設定したRGB値で撮れます。
 WB設定は撮影後もそのまま保持されるので、同じ色なら再設定無しで撮れます。


●所感
・色は各11段階でかなり自由(11×11×11の1331パターンに設定できる。

・写真の知識、技術がなくてもなんとなくアートっぽい写真を簡単に撮れるから楽しい。

・RGB設定はよく使うので「露出」はメニューの最上部にあった方が嬉しい。

・あとで赤を減らすなどの微調整がやや面倒。
 せめて「R→G→B→R→G→B」とそのまま繰り返し設定できれば便利なのに。


●まとめ
操作ボタンが少ないので、どうしても若干クセのある操作感だけど、
まぁ、ぜんぜん許容範囲内です。
色の設定によって全然印象の違う写真が撮れるので、とにかく楽しいです。

 

2009年9月14日

▲ページTOPへ

京阪電車 動画




2009年9月13日

▲ページTOPへ

淀川花火大会 動画




2009年9月13日

▲ページTOPへ

淀川花火大会


ICAM0093.jpg


2009年9月13日

▲ページTOPへ

レコード棚


ICAM0038.jpg


2009年9月13日

▲ページTOPへ

RED

RED
赤く妖しく美しく。妖艶の世界。

GREEN

GREEN
なぜかアーティスティックに写る緑色。

BLUE

BLUE
不穏な雰囲気が漂うメランコリーブルー。

SEPIA

SEPIA
何でもノスタルジーに。セピアの桃源郷。

MOVIE

MOVIE
動画でもRGBのマニュアル設定が可能。

OTHER

OTHER
その他の色や普通の色。

HOWTO

HOW TO
使い方やレビューや使い勝手など。

最近の記事

過去の記事

Copyright (C) HIRA×HIRA PHOTO BLOG. All Rights Reserved. このページをはてなブックマークに登録 このページをYahoo!ブックマークに登録 このページをGoogle Bookmarks に追加 このページをdel.icio.us に登録 このページをlivedoor クリップに登録 このページをBuzzurlにブックマーク RSSに登録